• 大宮駅東口徒歩1分のシェアオフィス・レンタルオフィス

こんにちは、シェアオフィス6F編集部です。
さいたま市では起業家やベンチャー企業の方にご参加いただきたいイベントやビジネスコンテストが多く開催されていますので、ご紹介していきたいと思います。


以前ご紹介した、スポーツ分野でのビジネス創業を目指す若者を支援する埼玉県のプログラム「イノベーションリーダーズ育成プログラム『埼玉Sports Start-up(SSS)』」。
 
こちらのプログラムの最終選考会が1月16日、新都心ビジネス交流プラザ(さいたま市中央区上落合2)で行われ、ファイナリスト10組から、4組が採択されました。
 
イノベーションリーダーズ育成プログラム
 

イノベーションリーダーズ育成プログラム『埼玉Sports Start-up(SSS)』

 
「イノベーションリーダーズ育成プログラム『埼玉Sports Start-up(SSS)』」はラグビーワールドカップやオリンピック、パラリンピックを控え、スポーツ産業の成長が期待されている中、地元プロスポーツクラブ・球団の協力を得て、スポーツやその周辺領域の分野でのビジネスアイデアの事業化や、その成長を目指す若者を支援するプログラムで本年度が第1回。
 
埼玉県が主催で、さいたま市、公益財団法人埼玉県産業振興公社、公益財団法人さいたま市産業創造財団が共催、一般社団法人埼玉ニュービジネス協議会、特定非営利活動法人さいたま起業家協議会、一般社団法人埼玉県商工会議所連合会、埼玉県商工会連合会、株式会社日本政策金融公庫が後援。参加協力は、大宮アルディージャ、浦和レッドダイヤモンズ、埼玉西武ライオンズの3クラブ・球団です。
 

イノベーションリーダーズ育成プログラム『埼玉Sports Start-up(SSS)』最終審査会

 
県内の3クラブ・球団の参加協力があるということで、今回70組の応募があったそうです。そのうち、第1次選考で43組が採択、9月~11月に行った4回のワークショップの後、10組のファイナリストが選ばれました。最終選考会では7人審査員を含む約60人の来場者を前に、プレゼンテーション、質疑応答が行われました。

イノベーションリーダーズ育成プログラム
 
ファイナリストの方々は、応募から最終審査までの間に、支援に関わる方たちの指導のもと、ビジネスプランをブラッシュアップし、プレゼンの練習を重ねます。ビジネスコンテストは、応募後にプランがより強化されていきます。
 
ビジネスコンテストというと敷居が高く感じられるかもしれませんが、「まだプランが固まっていない」「こんなアイデアでは無理」などと思わず「まずは応募してみる」というチャレンジしてみることも可能です。実際にビジコンに応募して受賞した人の中には「最初のアイデアからかなりブラッシュアップされて最後になんとか形になりました」、「プランを何度も直しながら自分のやりたいことが見えてきました」という人もいます。

 

7組のファイナリストから4組が採択

 
次の4組の企業が採択されました。

  • 「codience」大石懐子さん 「スポーツ×教育 ~STEM教育の提案」
  • 「株式会社Sportip」髙久侑也さんによる「1人に『ひとつの』コーチを~スポーティップ」
  • 「タイムカプセル株式会社」相澤謙一郎さんによる「スポーツメディア育成事業」
  • 「playground株式会社」下郷勝啓さんによる「最先端の電子チケット×スマホコミュニケーション×付随コンテンツプラットフォームにより、ファンと地域をつなげるコネクテッドスタジアムを低コストで実現する」
  •  
    「株式会社Sportip」の髙久さんは「今後結果を出せるように引き続き頑張っていきたい」、「タイムカプセル株式会社」の相澤さんは「全力で埼玉を盛り上げていきたい」とそれぞれ今後への意気込みを述べていました。

    イノベーションリーダーズ育成プログラム
     
     審査員を務めた早稲田大学スポーツ科学学術院教授でスポーツビジネス研究所所長の間野義之さんは「今回のプログラムでは各クラブ・チームからの課題を考慮するとスポーツマーケティングがキーワードとなっていますが、マーケティングにもいろいろな切り口があり、IT系だけではないさまざまなビジネスプランが寄せられました。これはゴールではなくスタートだと思いますので、今後もぜひ幅広くユニークな提案を考えていただければと思います。また惜しくも採択されなかった方々もぜひプランの実現に向けて頑張っていただければ」と講評しました。
     
    ビジネスコンテストに興味があるという方は「最終審査会」に足を運んでみるのもおすすめです。
    おすすめのビジネスコンテスト情報などもこちらで引き続きご紹介していきます。
     
    イノベーションリーダーズ育成プログラム『埼玉Sports Start-up(SSS)』


    この記事を書いた人

    株式会社コミュニティコム社員で、主にライター担当。大宮経済新聞副編集長や教育講座事業の「チエモ」など担当しています。エジプト2年、フランス7年、ハンガリー2年住んでいました。フランス語は何となく覚えていますが、アラビア語とハンガリー語は忘却の彼方です。一般社団法人さいたま市地域活性化協議会・理事。埼玉新聞タウン記者。



    Facebookページ

    シェアオフィス6Fの情報


    シェアオフィス会員募集中
    無料見学
    お問い合わせ
    施設案内
    よくある質問
    048電話番号提供
    貸会議室6Fを併設しています
    コワーキングスペース7Fを併設しています
    埼玉県に支店をお考えの方へ

    サイト内検索